ビタミンC誘導体の化粧水を使用する【肌の奥から綺麗をつくる】

美白や美肌効果がある

ボトル

シミ予防になります

ビタミンcは肌に良い栄養素として知られており、化粧品として使用することで美肌や美白、アンチエイジング効果が得られるものというイメージが定着しています。肌に吸収されやすく加工されたビタミンc誘導体の化粧品は、1つの成分を配合するだけでも高い美肌効果を与えてくれる商品として人気があります。ビタミンc誘導体にはメラニンの生成を抑える作用があるために、紫外線などを浴びたときに増えてしまうメラニン色素をビタミンcの力によって還元してくれます。メラニンを還元することで、肌の内部にメラニンが沈着することを予防できます。ビタミンc誘導体の持っている効果によって、メラニンの生成を抑制できるのでシミ予防につながり、美白効果が得られるために人気です。

自分の肌に合うものを選ぶ

ビタミンcは健康的な成分ですが、酸性のために刺激が強い特徴を持っています。人間の手によって加工を行っているビタミンc誘導体は、酸度が強い商品ほど塗ったときに刺激を感じやすくなります。少しの刺激しか感じないときであれば、使用していくうちに肌が慣れてきます。ただし、最初に使ってみた結果として、強く刺激を感じたときには肌に合っていない可能性がありますので、肌が炎症を起こしてしまう配合濃度の低い化粧品に変えてみることをおすすめします。ビタミンc誘導体が配合されている化粧品は、メーカーによって濃度が異なりますので、どの程度の濃度が自分の肌に合っているか把握しておくことが大切です。肌に適していない濃度のビタミンc誘導体化粧品を使っていると、反対にシミが増えてしまうことになるので注意が必要です。